シミ対策にフレイスラボ

紫外線が強い季節になるとよりお肌のシミやしわが気になりだしませんか?紫外線による光老化は加齢による肌老化より肌ダメージを起こしやすいといわれています。早めのケアでいつまでも張りのあるお肌を保ちませんか?

シミ対策にフレイスラボ ≫ シミ対策にフレイスラボ

紫外線が強い季節になるとよりお肌のシミやしわが気になりだしませんか?紫外線による光老化は加齢による肌老化より肌ダメージを起こしやすいといわれています。早めのケアでいつまでも張りのあるお肌を保ちませんか?

肌ダメージを起こす原因の一つに紫外線があります。
 

紫外線は、波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UVAとUVBの2つです。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。UVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

波長が短いのがUVB。屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になります。

 

UVAは波長が長いために、美しく健やかな肌の源である真皮層にまで到達。ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。そのため、UVAを浴びてしまうと、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまうのです。

対してUVBは、波長が短いために真皮には到達しませんが、表皮にさまざまなダメージをもたらします。ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミやそばかすの原因になります。

老化対策のポイントはビタミンC

シミやそばかす、シワなど、いろいろな肌トラブルを解消する働きをするのがビタミンCです。
 


高い抗酸化作用やコラーゲンの生成促進、メラニンの還元作用など美肌作りのために欠かせないビタミンCなのですが、大きな難点があります。

ビタミンCは角質のバリアに妨げられて肌に浸透していかないのです。
 


ビタミンCをお肌に浸透させるためにどうすればいいか?
それを考えて開発されたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は肌に浸透したあとにビタミンCに変化するので、ビタミンcの有効成分を皮膚の中に浸透させることが出来ます。


とはいえビタミンC誘導体にもいろいろあります。 純粋のビタミンCに比べて、含有量に差があるだけでなく、肌では機能しないタイプのビタミンC誘導体もあるので注意が必要です。 数あるビタミンC誘導体の中でもおススメなのが「VCエチル」です。
 


フレイスラボ(医薬部外品)
即効性ビタミンC誘導体「VCエチル」配合!    
point1:3拍子揃った圧倒的なケア

ビタミンC誘導体のVCエチルは、①即効性、②浸透力、③持続力と三拍子そろった医薬部外品の有効成分です。
酵素反応が不要なので、すぐに全成分が働き、ビタミンCを効率的に取り入れることが出来ます。
持続性にも優れ、24時間効果を発揮してくれます。
 
poimt2:美白を追求した処方

フレイスラボにはVCエチルのほかにも、メラニンの生成を抑え、シミ、シワ、そばかすなどを防ぐためのエキスが15種類入っています。
出来てしまったシミだけでなく、これからできるシミもブロックする働きをしてくれます。


point3:肌なじみを追求
 

フレイスラボはとろんとしていて伸びのあるテクスチャーです。スーッとのびてお肌に広がり、しっとりと潤うのにべたつかないので、メイクもすぐにできます。忙しい朝にも最適ですね。

point4:8つの無添加

毎日使うものだから安心して使えることが大事です。フレイスラボはこだわりぬいた成分を使用しています。
フレイスラボには、合成着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、パラベン、旧指定成分は使われていません。

 

Copyright © 2020- シミ対策にフレイスラボ